企業情報

中国化薬株式会社

国内唯一の製品を提供し、社会に貢献する会社です。

私たちは、火薬類の製造を基幹として化学工業を中心に事業を発展させて参りました。防衛用火工品や産業用火薬、宇宙ロケット用火工品をはじめ各種化学合成品や医薬品原料を製造しています。
このような作業は危険を伴いますが、社会に必要とされる大切な仕事であり、これらを安全に行うことを使命と考えています。これからも、事業の成長を通じて、社会の発展に貢献して参ります。
私たちは、社員全員が一致団結してそれぞれの職務を楽しく遂行し、それによって、この世に生まれた喜びを満喫できる会社を目指しています。

私の経営ビジョン

代表取締役社長
神津こうづ なおし

火薬を基幹とする化学の力で、防衛や宇宙、医薬や土木など、さまざまな分野で社会に貢献します

大きな化学エネルギーを持ち、必要なときに瞬時に力を発現する火薬類は、適切に設計することにより、多くの場面で活躍しています。私たちの火薬を用いた製品も、防衛や宇宙ロケット、国土開発などで多く使われています。さらに、私たちが火薬類の製造・取り扱いで蓄積した技術は、医薬や特殊肥料などの化学合成品や防災等の機能製品へと貢献を拡げています。国内唯一の技術や製品も多く、特に防衛用の火工品ではトップシェアとなっています。これからも技術を高め、私たちの豊かで平和な生活を守るため、さらなる貢献を続けて参ります。
中国化薬は、第二次世界大戦後、海軍の技術者たちが立ち上げた会社です。まじめに働いてお客様のためになることを第一の行動指針とし、自分たちの力で社会にどのように貢献できるか考え、事業を拡げてきました。日本の発展に寄与することと同時に、仕事を通じて私たち社員全員が生きる喜びを満喫することを「経営の信条」と定めています。
これからも、社会のため、お客様のため、社員のための経営を追究し、発展してまいります。

会社名 中国化薬株式会社
住所 〒737-8507
呉市天応塩谷町1-6
電話番号 0823-38-1111
FAX 0823-38-7128
業種 化学・薬品、その他メーカー
事業内容 防衛及び宇宙ロケット用火工品、火薬類・医療品等の製造販売ほか
沿革
1947年3月 中国化薬(株)設立
1950年4月 江田島工場開設、旧陸海軍弾薬類の解撤作業開始
1951年11月 東京事務所開設
1957年10月 防衛火工品の製造開始
1968年11月 デミング賞実施賞 中小企業賞受賞
1969年10月 吉井工場開設
1978年4月 宇宙ロケット用火工品の開発及び製造開始
1985年3月 医薬品の製造開始
1986年4月 医薬品ドリンク剤の販売開始
2011年4月 高濃度カルシウムイオン水の製造開始
資本金 2億9,700万円
売上高
2019年4月期 93億円
2020年4月期 99億円
2021年4月期 102億円
社員数 478名
支社・支局・
事務所・工場
東京支店・江田島工場・吉井工場
グループ・関連企業 カコー、中化テック
主要取引金融機関 広島銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行
主要取引先 小松製作所、ダイキン工業
交通アクセス (本社)JR天応駅から徒歩5分